【腹筋をハードに追い込む3種目連続トレーニング】
腹筋を割る、お腹・下腹を引き締める、ぽっこりを解消するための腹筋トレーニング実践サイト

腹筋を割るトレーニング方法と鍛え方 > 腹筋をハードに追い込む3種目連続トレーニング

腹筋をハードに追い込む3種目連続トレーニング 腹筋をハードに追い込む3種目連続トレーニング

3種類の腹筋トレーニングをサーキット形式で休憩を挟まずに行うトレーニングです。

さらに3種類の腹筋トレーニングを連続して行った後、この時も休憩をはさまずに、同じトレーニングをあと3回繰り返します。つまり全部で3種目×4回=12回を連続して実施します。(各種目の反復回数(レップ数)は下記参照)

シンプルですが、非常にハード。
腹筋上部・下部・全体をまんべんなく鍛えられ、筋肉の効果的な発達やシックスパックに欠かせない追い込みが12回連続のトレーニングで実現されます。

スポンサーリンク

【種目解説】
◆1種目め・・・腹筋下部・・・リバースクランチ:20回
1.仰向けになり股関節が90度になるように太ももを立てる。ひざは力を抜き下ろしておく。
2.この姿勢からお尻を浮かすと同時に股関節を曲げて太ももを胸に近づけるように動作させる。
※勢いで上げず、腹筋下部の収縮を意識して操作しよう。
※元の姿勢に戻るときは、腹筋の力が抜けないようにブレーキをかけながら戻ろう。
———————————————-
◆2種目め・・・腹筋上部・・・トゥータッチズ:20回
1.仰向けになり股関節が90度になるように脚を伸ばす。ひざも伸ばしておく。
2.この姿勢から背中を浮かし、手を伸ばしてつま先にタッチする。
※背中を浮かすとき、勢いで上げず腹筋の収縮を意識して上げるようにしよう。
———————————————-
◆3種目め・・・腹筋全体・・・プランク(ブリッジ):30秒静止
1.うつ伏せの状態から、前腕を床につき背中を真っ直ぐにする
2.この姿勢のまま30秒間静止する。
※腰が上がったり、落ちたりしないように、できる限り姿勢を異維持することに努めよう。
———————————————-

これらの種目を休憩なしで連続で行った後、さらに休憩なしであと3回繰り返します。(合計4回)

■腹筋トレーニング一覧