【効果的・効率的に腹筋を鍛えよう】
腹筋を割る、お腹・下腹を引き締める、ぽっこりを解消するための腹筋トレーニング実践サイト

効果的・効率的に腹筋を鍛えよう

効率的に腹筋を鍛えよう腹筋トレーニングと言っても様々なトレーニングがあります。

トレーニングの種類としては、一番多い部位が腹筋(腹部)といっても過言ではありません。
適切に筋トレ種目を選択して効果的、効率的にトレーニングしていきたいところです。

さて、なぜ、そんなに種類が多いのか?
なぜなら、腹筋を構成する筋肉、あるいは腹周りを構成する筋肉は、複数の筋肉によって構成されているからなのです。
そのため、それぞれの筋肉を鍛えるトレーニングが存在するのと同時に上部や下部など位置によってもトレーニング方法が変わってきます。

スポンサーリンク

腹筋を構成するメインの筋肉としては、お腹の中心に位置する腹直筋(腹部上部から恥骨まで繋がっている)、腹直筋の左右に位置する腹斜筋(外腹斜筋・内腹斜筋)、内腹斜筋の下にあり腹部をコルセットのように覆っている腹横筋があります。

このことから、1種類の腹筋トレーニングをやっているだけでは、なかなか洗練された腹筋が作られないことが分かると思います。

そのため、腹直筋の上部を鍛えるトレーニング、下部を鍛えるトレーニング、左右の腹斜筋を鍛えるトレーニング、腹横筋をトレーニング、これらにターゲットを絞ったトレーニングを絡み合わせることで、効果を最大限に高めて、引き締まった腹筋、整った腹筋が完成させることになるのです。

また、厳密には腹筋を構成する筋肉ではありませんが、大腰筋も腹部を内側から引っ張り、引き締め、また姿勢を整える役割をします。

このように複雑に構成されている腹筋は、数種類のトレーニングを組み合わせる必要があります。
当サイトでは、このように全体的に洗練された腹筋を目指すためのトレーニングメニューを開設・実演しているトレーニング動画をご紹介していますので、ぜひお役立て下さい。

余談ですが、お腹は、人体にとって重要な働きをする臓器が収まっている部分であるにも関わらず骨で守られていません。
だからこそ、複数の筋肉に守られているわけですが、本能的に脂肪をつけて守ろうとする部分でもあります。
つまり、脂肪が付きやすい部位なので、すでにお腹の脂肪が気になる方は、腹筋トレーニングと同時に有酸素運動などでお腹の脂肪の燃焼を心がけたいところです。

スポンサーリンク

■腹筋トレーニング一覧