【腹筋を鉄筋のように鍛える8種目セットメニュー】
腹筋を割る、お腹・下腹を引き締める、ぽっこりを解消するための腹筋トレーニング実践サイト

腹筋を割るトレーニング方法と鍛え方 > 腹筋を鉄筋のように鍛える8種目セットメニュー

腹筋を鉄筋のように鍛える8種目セットメニュー 腹筋を鉄筋のように鍛える8種目セットメニュー

バランスボールやバンドを使って腹筋全体を鉄筋のように鍛えるトレーニング方法です。
腹筋を6つに割りたい人、腹筋をカチカチにしたい人にオススメのトレーニングです。回数を調節することで腹筋を引き締めることもウエストにくびれを作ることもでき、女性にもオススメです。

スポンサーリンク

トレーニングの種目は8種目。
バランスボールとバンドを組み合わせて行う種目が1種目ありますが、その場合のバンドはドアノブなどに固定して実践して下さい。

また、ユニークなトレーニングが多いので、一般的な腹筋トレーニングがマンネリ化してきた人にもオススメです。

筋トレ初心者の人は、10回×3セット(10回⇒1分間休憩⇒10回⇒1分間休憩⇒10回)から始めてみてください。
静止するトレーニングは、15秒静止×3セットから始めてみて下さい。

フォームが整い、トレーニングに慣れてきたら、下記のように回数を調節して下さい。

【腹筋を引き締めたい人、ウエストにくびれを作りたい人】
◆回数 : 15回×3セット
◆セット間の休憩 : 1分
◆頻度 : 1日置き(1度トレーニングしたら1日休み、再びトレーニング)
※静止するトレーニングは30秒間静止×3セット

【腹筋を6つに割りたい人、腹筋をカチカチにしたい人】
◆回数 : 限界回数×3セット
(1セットにつき、余力を残さず限界まで行ってください。限界回数行うことで、2セット目、3セット目は、筋肉が疲労するため、おのずと回数は少なくなっていきますが、それでOKです)
◆セット間の休憩 : 30秒~1分
◆頻度 : 1日置き(1度トレーニングしたら1日休み、再びトレーニング)
※静止するトレーニングは1分間静止×3セット

ちなみに3ヶ月半で理想のカラダを手に入れた方が、その間に行ったトレーニングの一部を紹介する形になっています。
動画後半を見てもらえれば分かりますが、3ヶ月半と言わず、たった2ヶ月でかなりいいカラダになっているのには驚きです。
トレーニング方法とご一緒にご覧下さい。

【ポイント!】
・ 2種目めのお尻を上げる腹筋(ヒップリフト)は、床からお尻をしっかり浮かすようにしましょう。
・ 6種目めのボールの上でひざを立てるトレーニングは、背筋をしっかり伸ばした状態で行いましょう。前後にぶれないように維持する力で腹筋が鍛えられます。
・ 腹筋の筋肉が使われているかしっかり意識してトレーニングしましょう。
・ 元の姿勢に戻るときはゆっくり戻し、しっかり腹筋に負荷をかけましょう。反動で戻ってはいけません。

■腹筋トレーニング一覧